所沢の住宅 : Atelier Kazuki Wakahara

全てがコンクリートで造られたキューブ型住宅




24.jpg

「コンクリートの家」に住む。それは本当に簡単な事ではありません。中も外もコンクリートのままのこの住まいは施主ご家族の強い思いで実現しました。そして、たとえ暑くても寒くても自分たちで工夫しながら生活する事を実践しています。その生活から見えてくることは「住まう」事の多様性。人それぞれに価値観が異なる事が「個性」であると、当たり前な事に気づかされます。この住まいはシンプルな「箱」ですが、一階の角が削られたかたちをしています。ここが「大屋根のあるテラス」になり、半戸外空間として生活の中で利用されています。特に夏は強い日差しを遮り、風通しの良い窓の配置によって快適に生活が出来るとの事。ただし冬の寒さはやはり厳しい様です。将来的に2階を個室単位で内側から断熱する事も可能です。将来に向けて未だ成長中の住まいといえるかもしれません。

09.jpg02.jpg04.jpg11.jpg12.jpg25.jpg

所沢の住宅

所在地:埼玉県所沢市
構造・規模:RC造2階建
竣工年月:2006年6月
敷地面積:113.05m2
建築面積:45.36m2
延床面積:83.43m2
設計:若原アトリエ
構造:長坂設計工舎

写真:新良太