汐見坂の家


“1500冊の本棚”がある住まい

敷地北側には汐見坂と名前のついた古くからある坂道、敷地西側には豊かな自然の残る児童公園があります。ここに40代のご夫婦と二人のお子さんが暮らす家を計画しました。建物一階には主寝室と子供部屋、水まわりと納戸を配置、二階は広い一室空間の中に居間、台所、食堂、畳コーナーが家具や段差、傾斜する天井によって、それぞれの場所が緩やかに仕切られています。また北西の角には坂を望む窓を、畳コーナーには児童公園の緑を望む窓がそれぞれ設けられ、都心部とは思えない緑と広がりを感じられる空間ができました。また壁一面には約1500冊を収納できる本棚をつくり、さながら子供達の図書館のようになっています。

汐見坂の家


“1500冊の本棚”がある住まい

敷地北側には汐見坂と名前のついた古くからある坂道、敷地西側には豊かな自然の残る児童公園があります。ここに40代のご夫婦と二人のお子さんが暮らす家を計画しました。建物一階には主寝室と子供部屋、水まわりと納戸を配置、二階は広い一室空間の中に居間、台所、食堂、畳コーナーが家具や段差、傾斜する天井によって、それぞれの場所が緩やかに仕切られています。また北西の角には坂を望む窓を、畳コーナーには児童公園の緑を望む窓がそれぞれ設けられ、都心部とは思えない緑と広がりを感じられる空間ができました。また壁一面には約1500冊を収納できる本棚をつくり、さながら子供達の図書館のようになっています。

所在地:東京都大田区
構造・規模:木造 2階建
竣工年月:2016年6月
敷地面積:122.73m2
建築面積:52.17m2
延床面積:102.60m2
設計:若原アトリエ+鴛海達矢建築設計事務所
構造:長坂設計工舎
植栽:庭工 永久保
施工:木村工業
 
写真:中村絵