牟礼の仕事場


開放的なデザイナーの「アトリエ兼住居」

武蔵野の面影が残る住宅地に建つ服飾デザイナーのアトリエ兼住居です。ほぼ半分がアトリエ、半分が住居となっています。アトリエの奥に住居がある事で、お子さんも自然と職場を通り生活する事になります。それはモノつくりと生活が一体となった光景~昔の日本の町工場がそうであったように~仕事場全体が大きな「家族」のような雰囲気を生み出しています。外部に対しても沢山の窓を設け開放的な中で生活する事を求める姿は今の時代の考え方とは逆かもしれません。しかし信念を持って生活をされている人達にとっては「普通」であるかよりも「自分たちが良いか」が大切であり、それを実現する為に必要な物は、ただ「場所がそこにある事」だと説明を受けて設計しました。建築の表現を出来るだけ排して残った空間がそこにあること…最もシンプルな住まいのかたちです。

 

牟礼の仕事場


開放的なデザイナーの「アトリエ兼住居」

武蔵野の面影が残る住宅地に建つ服飾デザイナーのアトリエ兼住居です。ほぼ半分がアトリエ、半分が住居となっています。アトリエの奥に住居がある事で、お子さんも自然と職場を通り生活する事になります。それはモノつくりと生活が一体となった光景~昔の日本の町工場がそうであったように~仕事場全体が大きな「家族」のような雰囲気を生み出しています。外部に対しても沢山の窓を設け開放的な中で生活する事を求める姿は今の時代の考え方とは逆かもしれません。しかし信念を持って生活をされている人達にとっては「普通」であるかよりも「自分たちが良いか」が大切であり、それを実現する為に必要な物は、ただ「場所がそこにある事」だと説明を受けて設計しました。建築の表現を出来るだけ排して残った空間がそこにあること…最もシンプルな住まいのかたちです。

所在地:東京都三鷹市
構造・規模:RC+木造
地下1階 地上2階建
竣工年月:2006年11月
敷地面積:170.03m2
建築面積:67.08m2
延床面積:163.98m2
設計:若原アトリエ
構造:長坂設計工舎
植栽:庭工永久保
施工:本間建設