ホーム | 設計事例 | 新築住宅 | 鎌倉の分居

鎌倉の分居

静寂に包まれた週末住居

都心で暮らす家族が週末に利用する「もうひとつの場所」としての『分居』。日常生活から解放され静かに時間を過ごすための場所を設計しました。小さな住宅ですが内部は大きな一室空間。螺旋状に少しずつ上へと登ってゆきます。所々に孔けられた窓からは柔らかな光が差し込み、場を浮かび上がらせます。

また壁全体は表情のある桜色のしっくい壁とし、光の具合によって様々な表情を見せます。陰影のある大きな空間の中に作られた様々な「居場所」。ここで音楽を聴いたり、昼寝をしたり、食事をしたり家族が大切な時間を過ごします。シンプルな空間の中に柔らかさと静寂さのある住まいです。。
 

 

 
 

 

所在地:神奈川県鎌倉市
構造・規模:木造 2階建
竣工年月:2014年7月
敷地面積:238.00m2
建築面積:53.44m2
延床面積:79.49m2
設計:若原アトリエ
構造:長坂設計工舎
植栽:造園よしの
家具:ハオアンドメイ
鎖樋制作:タニタハウジングウェア
施工:木村工業
 
写真:中村絵